So-net無料ブログ作成

エストニア始動

気がつけば、石畳の上にも18年である。タイトル更新。9月から、エストニアの首都タリンにある、エストニア芸大に、プロダクトデザイン学部長兼教授として、ベルリンからの飛行機通いが始まった。国外の学校や企業とのネットワークを強化して、新プロジェクトを立ち上げる、というのが、学部としての最優先課題なので、エストニア最強の秘書とアシスタントとのチームワークに支えられて、学内での仕事は、1ヶ月に1度、1週間にまとめてこなし、あとは、インターネット、スカイプ、携帯電話などの文明の利器を、300%活用して、遠隔操作でこなしているけれど、なにしろ、良く考えたら、知らない国の、知らない大学で、学部まるごとを引っぱる仕事をひきうけてしまったわけで、当然のことながら、エストニア滞在中はパワー300%全開の、休憩なしで1日18時間労働という感じ。

ベルリン、タリン間の飛行時間は、1時間半だけれど、帰りは飛行機の座席に座るなり気絶。で、一瞬の後、目を開けると、もうベルリンの空港についているという状態で、これはほとんどワープである。近いなんてものじゃない。さっき、タリンの石畳の上を歩いていたのに、気がつくと、同じ自分が、ベルリンの石畳の上を歩いているのは、まぎれもない現実である。ああ、これぞまさに21世紀だなあ、と思う。

エストニア語は、ドイツに戻ると、すごくドイツ語が分かるような気がするくらい、ちんぷんかんぷんだけれど、音は日本語にとても似ている。言葉の語源は同じところにあるらしい。フィンランド語(エストニア語よりも日本語)、ハンガリー語、トルコ語の一部、モンゴル語、そのあたりは、日本語とルーツがつながっているという。エストニアでは、学生も職員も、驚くほど英語を使えるので、ドイツ語学習すら、かなり滞っている私が、この上、エストニア語が、できるようになるとは、到底思えないけれど、基本の絶対はずせない3つの言葉は、ともあれ覚えた。「ありがとう」が「アイタッ」。発音は、日本で、むこうずねを家具にぶつけた時と、そっくりである。「こんにちは」が「テレ」。テレちゃう、というときの、テレと同じ発音。「どうぞ」が「パルン」。これは、日本語にはない。

でも、仕事を始めると、4つ目の言葉が必要だ、というのは、長年のヨーロッパ生活で覚えたこと。この4つ目の言葉は、国によって違うのだけれど、これが使えると使えないとでは、仕事の進み具合に天と地ともの差が出るというもの。最初の1週間の滞在で、みっちりエストニアを観察した後、私が、覚えることにしたのは、「ミダギ オン ヴァレスティ」という一言。Something wrong....の直訳。日本語で言うなら、「それはちょっと・・・」というところか。

エストニア人というのは、笑ってしまうくらい日本人に似ているというか、ずばずばと、面と向かって、意見をぶつけ合う、というのが、とてつもなく苦手らしい。イタリアでは、「それはちょっと・・・」くらいでは、蚊が止まったほどにも、感じてもらえないので、はっきり、しっかり、ずばっと中心をついて話をしないと、お話にならないが、どうも、エストニアで、イタリア式は、うまくないらしい。ならば、日本式でいってみるか、というのが、このトライアル。今月の滞在では、「ミダギ オン ヴァレスティ それはちょっと・・・(違うんじゃないでしょうか・・・)」を、1日に5回は使った・・・というところで、ブログもようよう更新できないほど、なかなか大変な日々を送っているということを、感じ取っていただき、更新不足をお許しいただければ、幸いです。

阿部 雅世 公式サイト MasayoAve creation  www.macreation.org


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。